FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ちゃんサインランゲージとバイリンガル

まだ話せない赤ちゃんとどうやって早いうちからコミュニケーションするか。
今朝、地元の新聞に「乳幼児のサインランゲージ」について、うちの子供達が通っているディケアの記事が載りました。
http://www.gazettenet.com/Babies-learn-sign-language-10830367

とにかく、ママ、パパとしては、(たぶん)経験から、なんで泣いてるのか、ぐずってるのか、だんだんわかってくるもので、発声の違いで、感情表現もだいたい検討がついてくるものです。
うちの息子も娘もそれぞれの表現があって、おもしろいです。

でも、この「サイン」はけっこう助かりました。
私たちも、息子のディケアで教わったんです。
食べるときに、言葉だけじゃなくて、ジェスチャーもしながら伝えます。

「Would you like to eat? 」
「Would you like more?」
「Are you sleepy?」

「食べる、飲む、もっともっと、寝る( 休む)、 もうおわり」など
生活の基本的な ことを、サインで覚えていきます。

息子は、バイリンガル環境のせいか、言葉が出るのが遅かったので、
サインランゲージにとても助けられたと思います。

ディケアの先生方も、言葉が出てこない息子とサインで上手にコミュニケーションをとってくれたせいか、息子、言葉のハンディの違和感なく普通にやっていました。
おかげで、食べることはまったく困らなかったようです(笑)

私も家で、日本語で「ごはん、食べる?」「ねんね?」を(英語と)同じジェスチャーでやりました。
こういうサインは、乳幼児のバイリンガル環境に役立つのかもしれないです。

ちなみに、娘はすごい食いしん坊で、
「食べる?」と言わずとも、食べ物を見せるだけで、なんか喜びを表す雄叫びをあげながら、ハイハイしてやってきます(笑)

娘は明日で1歳です。
でも、言葉が出てこないので、これからサインランゲージを補足して様子をみようと思います。
にいちゃんもそうだったけれど、
バイリンガルは言葉出てくるまで、やっぱり時間がかかるようです^^;



Comments - 0

Leave a reply

About this site
自由な雰囲気いっぱいのマサチューセッツ州ノースハンプトンより、ほんわかゆるやかブログ発信中~♪
About me
ダンスと鳥とチョコレートが大好きな日本語教師★ ただいま、3歳の息子と1歳の娘のバイリンガル子育て奮闘中。アメリカ在住21年目☆ 合間をぬって、ブログ書きまーす。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。