ダライ・ラマが来た!

5月9日、水曜日。
とても穏やかな快晴の5月日和の朝、
本当に「ダライ・ラマ」がスミス大学に来たんですよ!

マサチューセッツ州全体が厳重な警戒体制のなか、
(もちろん、NO カメラ、携帯、かばん等々)
会場にはスミス大学とハンプシャー大学の学生&スタッフと
この辺りのチベット人コミュニティーが集結。
チベットの民族衣装を着て参加しているチベット人がとても印象的でした。

そういう私も、チベットのネックレスをして参加。
これのおかげか、「チベット人?」に間違われ・・・
チべろうとしましたが、チベット語が話せず、ダメでした。

ところで、
ダライ・ラマ」は、いきなり、マント&帽子姿で登場
大学の教授姿に変身していました。

お話は、ほぼ英語でしてくださいました。
アクセントはあるものの、語彙がすごいし、
話し方はやっぱりオーラはいってます

「Education for transformation」について、主に話しをまとめると、
教育についてー
教育は人生に幸せと成功をもたらすものである。
それには二つの要素、「知識と心」を育てることが大切である。

知識を蓄えることは、
物事に対して何をすればよいか行動を起こす時に役立ち、
温かい心をつちかうことは、
その知識を正しく使うことができることを促す


人間は、教育を通して、
知識と温かい心 (inteligence, knowledge, and warm heart) の
両方を常につちかっていかなければならない。


「Q&A」は主に、以下の質問について丁寧に答えてくださいました。

  Different religions (違う宗教)
  Forgiveness(許し)
  The most important thing to live your own life(人生で一番大切なもの)
  The best advice for young couples to raise their kids(子育て)
  Global warming, economic difference, poverty(環境、人口、貧困問題)
  The interests in sceiences(仏教の教えと現代科学)

子供の育て方についてー
I don't know(おじさん笑い),
I never had kids. Let me marry and have kids.
That will give me the experience.
」ってちょっと照れくさくいってたこと。
でも、ちゃんと真剣に答えてくださいました。

(僕は母から学んだんだけど)母は自分の子供だけではなくて、
他の人のことも気にかけ、面倒をみる人だった。
人として、そのような両親であれば、子供もそれをみて育つ。
それから、子供には将来、地域社会に貢献できるような人になるように
しつけなさい。それにはボランティアなどに参加させたりするといいですよ。
そして、いつも慈悲の心をもって、愛をもって育てなさい。


なんか、私、思わず自分のおばあちゃんを思い出してしまいました・・・。

人生で一番大切なことー
Why do you (= Americans) always like to ask for 'the best''the most important' 'the quickest and easiest' ・・・?
(そして、おじさん笑い)


なければないで(手に入れたい、ほしいと)人は悩むが、
あったらあったで(手に入ったら入ったで)、また苦労することが増えて
悩むでしょう。それに、立場や状況によって、それぞれ、大切なものは
人それぞれ違うので、これに関しての答えはありません。

Do you understand?(きっぱり)
と言ったのが、とても印象的でした。

私も確かに、これには賛成で、
人は、「一番」に執着し、それを見つけようと、
手に入れようとするから、苦しむのであって
まずは「一番」の概念を捨て、いろいろな視野で物事を見たり、
受け止めたりすることが、人生を一番楽しく、苦しまなないで
生きていく方法なんだろうと思います。

いろいろな宗教についてー
I am Buddist, but I have many friends including Christians, Muslims, Jews...
Although there are many traditions, the importance of religion is always 'face'.」
といい、
どの宗教においても、宗教を信じていなくても
幸せを願う気持ちはみな、同じである
」と言いました。

どの宗教であっても、その根底にあるものはみな同じであって、
どれが一番いい教えかというのは言い難いもの。
一番大切なことは、その教えを信じて、行いにうつすことである。


許しについてー
許すというのは 'I will forget about it'(いいよ、水に流すからさ) である。
しかし、これがなかなかできないというのであれば、こう考えればいいー。

人はみな、神様に創造され、この世に生きているーということを前提に考えれば、
どの宗教であっても、民族であっても、我らはみな同じであり、
自分も神様に創造されたひとりとして、
相手(=神様に創造された人)を嫌うことはできない。
「人」と「その人の行い」を切り離して考えることが
許しへの第一歩である
。」

とても、いいお話を聞けたと思います。

博識で、ノーベル賞もあり、チベットのリーダーとして
全世界のスーパー有名人なのに、
とても、ユーモアがある人で、子供みたいにおもしろいこともするし、
なにかしら、「えっへっへ」(おやじか?)と笑うんです。

みんなの注目を無視して、壇上で
鼻をかむ」し、「帽子をうちわ代わり」にして
あつ~っ」とあおいでるし・・・

普通のおじさんなんだけど、
すごいことを感じさせないすごい人」なんだな~と思いました。

この日、いい席をとるために早起きしようと思ったにもかかわらず、
やっぱり、起きられませんでした・・・
でも、運がよく(一人で行動してたためか)、いい席がひとつ空いていて
がっちり、ダライ・ラマの姿がみえる所に位置しました。

74歳だというのに、かなりがっしりしていて、
腕にもしっかり筋肉があって、元気そうなダライ・ラマ14世。
今度、いつお目にかかれるのかな。
ひょっとして、次に生まれ変わった「ダライ・ラマ15世」の時かな~。
早く、チベットに自由訪れ、平和の願いが世界中に広まりますよう。

興味があったら、、是非Dalai Lama の講演 (Quick time) をみてください。
ダライ・ラマのスミス大学での5月9日講演がみられますよ~。

*厳重な警戒だったので、残念ながら写真はありません。

Comments 4

はびび  
そのとうり!

まさに、そのとうりです!
私は art school で覚えられる名前ですよ~!リストの中の、「こいつv-14」に間違いはありません!
なんか、恥ずかしいんですが、art school なんですよ・・・私。

そうですか、英語講師をされてたんですね~。なかなか、教える仕事をすると、いろいろあるでしょう。
お仕事の引き継ぎでお忙しいところ、それに、こちらにくる準備もあるだろうし、そんな中、ブログを読んでコメントまでくださってありがとうございます。

じゃ、彼からメールが来るか待ってま~す。

2007/05/24 (Thu) 11:03 | EDIT | REPLY |   
qbmint  
sure, artschool!

はびびさん こんにちは。

お忙しい中、お返事どうもありがとうございました。
そうなんや、みんなダライ・ラマなんてあんましどうってことないんですかね、、、。と言うか
あんまし知らないのかなぁ?

ところで、私はこの一年4歳から中学生の子供たちの英語講師をしてきたんですけど今アメリカに行くに当たって今月末で退職ということでちょうど今後任の方への引継ぎ書類作りでひぃーひぃーv-12してます。
ちなみにはびびさんのブログは一応一通り読ませていただいてるので
みなさんがartschoolって呼んでるってことから推察するに、、、って感じで
this is it!v-14って思ったやつで彼に送りたいと思います!!!

ホントいつも気さくにお返事いただけてとても嬉しいです。ありがとうございます!

2007/05/23 (Wed) 09:46 | EDIT | REPLY |   
はびび  
ええ、どうぞ~。

qbmintさん、「ダライ・ラマ報告」にご丁寧なコメントありがとうございます。

じゃ、きっと彼は講演の一部始終を別の建物で同時スクリーン公開しているところで観たのかもしれませんね。
本当に、チケットが限られていたのが残念です。今日、たまたま、アムハースト(近隣の大学)の先生と、この話になって、「ハンプシャー大学にもスミス大学にも、ダライ・ラマには興味ないからいかない。」っていう学生がたくさんいたそうで、それなら、なんで、講演を本当に観たい一般の人にチケットをあげるほうがよかったのに・・・といっていました。(私も同感です)

ところで、私、悲しくも出稼ぎで、すれ違いですが、qbmintさんの彼にはお会いできるかもしれませんね。スミスのメアドを是非伝えてください。あ、3人いる日本人講師のうちのひとりが私ですが、お分かりですか?

2007/05/22 (Tue) 15:30 | EDIT | REPLY |   
qbmint  
the honorable man

こんにちは、はびびさん。
だらい・らま14世さんから、何だかとてもよいお話を聴けたようですね~。
実はうちの彼もその日は仕事の時間を調整出来たらしく、overflow roomのようなところでスクリーン越しにお話を聞くことが出来たそうで、どんな様子だったのかとかどんな話をされたのかなど教えてくれたのですが
はびびさんの書いて下さったのを読んでより一層クリアーになりました。どうもありがとうございましたぁ。he seems to be an extraordinary man who doesn't behave like someone extraordinary.
のような形容をはびびさんがしてたよ、と言いますと本当にとてもhumbleな人だったよと言ってました。以前"seven years in tibet"を観たり、彼のお家にらま氏についての本があって読もうと試みたのですが英語が難しくて断念したのですが、それ以来私の中でいわゆる”気になる人”でしたので今度図書館へ行って何か本探してみようと思います。それにしてもとてもよい表情をされてて、人間としてあーゆう穏やかな顔で年を重ねていきたいものですよね。
ちなみにはびびさん夏は出稼ぎにこちらへ戻られるんですかぁ。超ザンネンですぅ。。。
ぜひぜひお会いしたかったのに。。。
どうやら6月の1ヶ月くらいをそちらに滞在しそうなのですが、何かボランティアワークなど
の情報、ご存知ないでしょうか?
あと出発を控えてお忙しいのだと思うのですが、もしよければ彼からメールを差し上げてもよいでしょうか?もしお時間が合えば一度彼がお話したいと言ってくれてるのですが、、、。
もしオウケイならスミスのウェブサイトのメアド彼に伝えたいなぁなんて思っていますので。。。
本当に勝手を申し上げてごめんなさい。
またお返事下さいませ。

2007/05/18 (Fri) 08:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  ダライ・ラマ
  • チベット語:???????????? taa-la’i bla-ma; 中国語簡体字:;繁体字:達?喇嘛;漢語ピンイン:)は、チベット仏教の最高指導者のことであり、またその称号のことをいう。ダライとはモンゴル語で大海を意味し、ラマ僧|ラマとは師の事を表している。
  • 2007.10.19 (Fri) 11:14 | みずきの記録
About this site
自由な雰囲気いっぱいのマサチューセッツ州ノースハンプトンより、ほんわかゆるやかブログ発信中~♪
About me
ダンスと鳥とチョコレートが大好きな日本語教師★ ただいま、3歳の息子と1歳の娘のバイリンガル子育て奮闘中。アメリカ在住21年目☆ 合間をぬって、ブログ書きまーす。